serapid

リジッド・チェーン・テクノロジーの創案者であるSERAPIDは、伸縮機械式ジャッキを構想、製造し、重量積荷の水平および垂直移動やプレス装置の迅速交換で、45年来産業界の要望に応えてきました。製造品質、技術的なノウハウ、果敢なチャレンジ精神、そして創造力が融合した経験。リジッド・チェーン・テクノロジーを選択すること、それは性能と信頼性の面でプロジェクトに貴重な付加価値を与えることです。

SERAPIDはスタンダードな製品のラインナップを提案すると同時に、積荷の上昇または移動における複雑な問題を解決するために、単一あるいは反復的な需要に対して構想可能なオーダーメイドのソリューションをお届けします。

その構想や性能により比類なき製品となったリジッド・チェーンは、様々な応アプリケーションの可能性を提案します。SERAPIDは建設と産業という2つの大きな市場に奉仕します。

革新的で大胆なソリューション

SERAPIDでは定期的に新製品を開発し、絶えずカタログのラインナップを改善しています。革新し続けるSERAPIDではその専門性を常に維持し、発展させるために、研究開発部門に日常的な信頼を寄せています。

研究室では適切あるいはオーダーメイドのソリューションを提案し、非常に大胆なプロジェクトに応えます

弊社の歴史

1972年

SERAPIDは1972年に創設されたフランス系企業です。重量積荷の移動を可能にするリジッド・チェーン・テクノロジー(RCT)を構想、生産しています

当初から、会社は自動車産業の課題を解決するためにオーダーメイドの製品やソリューションを構想していましたが、その後原子力および航空産業へ精密性、縮小性、信頼性を提供しています

1980年

1980年代には欧州、そして米国へその活動を広げます。地理的な展開と並行して、SERAPIDは自社製品を新たな市場へ応用し、革新をもたらし、向上させます。

1996年

1996年より、SERAPIDではRCT(リジッド・チェーン・テクノロジー)を演劇・イベント業界に提案しています。LinkLiftは舞台移動の需要に応えるために構想されました。今日、世界中で1000か所以上がこのテクノロジーを使用し、舞台やプラットフォームを作動させています。

2009年

2009年、SERAPIDは医療・製薬業界のアプリケーションへ向け、完全非磁性ベルト、RigiBeltを開発します。

2014年

2014年以降、SERAPIDでは可動建築に特有の課題に関連したソリューションを開発するために、その実力を発揮しています。壁や屋根といった構造要素を移動する、あるいはトラック、乗用車、貨物を昇降する。Building DynamicS(BDS)またはArchitecture Cinétiqueは基礎工事やビルの再構成に特化したソリューションの領域へ開かれています。

2017年

管理の変更

30年後、Saïd LOUNIS氏はSERAPIDグループのオーナーをEmeric LABESSEとGuillaume DAVIESに譲渡しました.CEOはそれぞれCEO -CEOとCOO長官を務めています。

彼らの野望は、SERAPIDを成功に導いた基礎に基づいて、継続性の精神でSERAPID Groupの発展を継続することです:チームの革新性と卓越性

新しい所有者は、投資家のLBOフランスだけでなく、SERAPIDの株式を保持し続けているSaïd Lounisにも関連しています。

 

クォリティ

品質システム認証

2015年版ISO 9001認証の更新。

品質はSERAPIDの関心の中心に位置します。SERAPIDの製品やソリューションを構成するすべての要素は、弊社の研究室で構想され、45年来数多くの特許を取得しています。下請け企業は厳密に選抜され、定期的に監査を受けています。完成した製品が使用および環境に対する条件を満たすべく、資材を選択し、検査します。採用する製造技術は、1cm、1mm単位で最大限の精密性を保証します。我々が製品開発に注ぐ厳密性により、45年までという弊社システムの卓越した稼動年数が可能となります。

弊社のアトリエで組み立てられた製品のひとつひとつが、出荷前に個別に検査されます。

フランス国内にある2つの拠点(ロンディヴィエールとルメニル=ブテイユ)は、2015年版ISO 9001規格の求める条件を満たしています。

自動車、航空機、原子力、舞台産業のビックネームが弊社の顧客として名を連ねていることに、深い感慨を覚えます。顧客の皆様が弊社へ寄せる信頼と愛顧は、活動分野の如何に関わらず、弊社の製品やサービスの品質と信頼性を証明しています。

製品の認証

SERAPIDは安全を約束し、顧客に可能な限り最良のソリューションを供給したいと考えています。この一環として、チェーン式エレベーターシステム(準機械と見なされる)に対する典型的な検査で、以下の規格が更新されました:
•    エレベーターに関する欧州基準2014/33/UE、および機械に関する欧州基準2006/42/EC
•    NF EN 81-31:2010、NF EN 81-20:2014、NF EN 81-50:2014、DIN 56950-1:2012-05

パートナーシップ

SERAPIDは世界中の組織に参加しています

  • The Entertainment Services and Technology Association は、北米に拠点を置く世界の劇場労働者のための非営利団体です。 ESTAは、基準と認証の開発を通じて安全性を向上させました。メンバーを教育し、ビジネスリソースを提供して収益性を向上させます。

  • NUCLEOPOLIS は、ノルマンディーの原子力部門(フランス)のリーダーを集めています。

  • DIEPPE-MECA-ENERGIES は、ノルマンディー地域(フランス)の業界下請け業者のリーダーを集めています。

  • AUTOMATION ALLEY は、米国ミシガン州の技術と製造企業の主要な組織です。ミシガン州南東部の経済を活性化させ、革新を促進する産業、大学、政府があります。

  • VFA は1987年に設立され、ドイツ語を話すコミュニティのためのリフトとコンポーネントの製造業者を代表しています。 VFAはInterliftの国際展に貢献しています。

  • ARIA はフランスのノルマンディー地域で自動車産業のリーダーを集めています。

  • DTHG 1907年に設立され、劇場やイベント業界で認められた専門機関です。

  •  Comité Richelieu は、革新と成長企業(EIC)のフランスの協会です。マイクロビジネス、中小企業、TWAに有利な生態系を促進する役割を果たします。

  •