オペラボリス・ゴドノフのダイナミックな階段

Opéra Bastille - フランス・パリ

アレクサンドル・プーシキンの原作に基づくムソルグスキーの傑作は、SERAPID舞台装置で生み出されたダイナミックな階段の助けを借りて、イヴォ・ヴァン・ホーベ監督とステージデザイナー・ワン・ヴェルスヴェルドのミニマルなビジョンを受けています。

重厚な象徴主義を誇るこのシーンは、大規模な赤いカーペット葺きの階段に焦点を当て、ゴドノフが求めているパワーを表す隠喩としての舞台を暗くした開口部につなぎます。

セットデザインの仕様を満たすために、SERAPIDは6つのLinkLift 50Rを提供しました。リジッドチェーンテクノロジ(RCT)を使用することで、最小のサウンドレベルを維持しながら構造をいくつかの独立したモジュールで構成可能にしました。この装置は、完全に安全であり、演奏者を持ち上げるために安全でEN81の規制に準拠しています。

オペラは、2018年6月7日から7月12日まで、フランスのパリオペラバスティーユで行われます。

特性:
3グループの格納式ステップがあり、それぞれに2つのLinkLift 50R(静的ブレーキ付)
- ウォークウェイの長さ:5.25m²
- 仰角:3,500mm
- スピード:200mm / s
- ロード:3t

関連製品とソリューション

LinkLift 超重量積荷の上昇 続きを見る
質問?弊社へお問い合わせください