格闘技会場の配置に適した取り外し可能な観客席システム

O2アリーナ ― ロンドン、英国

世界中に認められた超現代的な巨大パフォーマンス施設であるロンドンのO2アリーナは、イギリス王国最高の至宝のjひとつに間違いありません。コンサートに加えて、講演会、展覧会、数々の大規模なスポーツイベントがそこで開催され、世界で最も可変性の高い場となっています。象徴的で唯一無二のドーム型屋根に覆われたこの場所が、スタンドのどの座席であろうと、可能な限り最高のライブ体験を観客に約束します。

それには調整可能、変動可能な座席のインテリジェントシステムを構想する必要がありました。スポーツ分野で世界的なテレビキャンペーンを開催する際の会場として、World Wrestling Entertainment(WWE)がO2 アリーナを指名した際に強調された必然性です。例えば、世界中の様々な格闘技会場で均等性を保証するため、「スーパースター」プロレスラーの入り口は高さ6.5メートル、幅4.5メートルを必要とします。

Audience Systems LtdがSERAPIDと提携し、オーダーメイドの座席スタンドシステムを構想しました。これはバリエーションに富んだイベントのために、一時的に、容易に、効率的に、そしてとりわけ信頼性の高い方法で設置できるものでなければなりません。そこから7つの座席スタンドが誕生し、すべてに上昇システムが装備されています。既存の座席の下に位置し、時に狭い通路である観客用出入り口を介して音楽ホールに搬入できるよう、LinkLiftで座席スタンドを低くします。格闘技会場に搬入されると、ユニットは正確に起こされ、会場の他の部分に常設されている既存の座席列の高さに整列させることで、最大限の座席数と視界の良さを保証します。電子技術で同期されたLinkLiftシステムにより、制御されたスムーズな動きで「スーパースター」が舞台に登場するのを完全に管理できます。

その場で適切に収容力を増やせる追加座席のために、モダンで頑丈な上昇駆動システムが必要でした。観客の安全確保が優先されるため、制約のある環境で革新的な動きを実現するのに最適な選択として、SERAPIDのリジッド・チェーン・テクノロジー(RCT)がここで採用されたのは驚くことではないでしょう。

関連製品とソリューション

LinkLift 超重量積荷の上昇 続きを見る
質問?弊社へお問い合わせください