固化物運搬パイプ用推進チェーン、核燃料廃棄物の地下深部貯蔵

ANDRA、ビュール研究所 ― ムーズ(55)、フランス

長期性中/高レベル放射性廃棄物のために、ANDRA(国立放射性廃棄物管理事務局)はビュールの地下研究所を介して、地層深部での貯蔵の可能性を研究しています。Cigéo(地層貯蔵産業センター)は、放射性廃棄物の深部貯蔵に関するフランスのプロジェクトです。

このプロジェクトの一環として、試作品の制作にSERAPIDの推進チェーンが選ばれました。輸送パイプに挿入されたSERAPIDの推進チェーンは、固化物を貯蔵房室へ送ることが可能です。メンテナンスを必要としないSERAPIDのリジッド・チェーンは、コンパクトで柔らかいため、このように特殊な環境での制約にも完璧に適応します。

チェーン、引き込みケース、特殊マガジンを含むRollBeam 130 SGは、ブラックスティールと汚染除去可能なペンキで製造され、このアプリケーションのためにオーダーメイドで研究および構想が成されました。

アプリケーションで40年の経験を誇るSERAPIDの研究室で製品を応用し、原子力産業の厳しく特殊な制約にも対応するソリューションを構想します。皆様のプロジェクトに関して、お気軽にご相談ください。

関連製品とソリューション

RollBeam 続きを見る
LinearBeam 続きを見る
伸縮式ポール 続きを見る
質問?弊社へお問い合わせください