長距離走行舞台用エレベーター

Opéra de Copenhague - Copenhague, Danemark

コペンハーゲンオペラハウスは、デンマークの建築家ヘニングラーセンによって建てられました。2005年にオープンしたこの建築はアマリエンボー宮殿の正面に建ち、海を見下ろしています。建物は14の階と無数のスペースで構成されています。メインの舞台とそのバックステージが建物の中心を成し、大ホールには1500人が収容可能。オーケストラボックスには110人まで演奏家を配置できます。

SERAPIDにとってのチャレンジは、走行距離13メートル以上の上昇システムを提案することでした。SERAPIDのインセットテクノロジーによりシステムを安定させ、18メートルまでの距離をカバーすることが可能となりました(それ以上はご相談ください)。舞台用エレベーターはこうして、受取場所から舞台の高さまで資材を運搬するため、13.2メートルの溝を走行できるのです。このエレベーターは人が乗り込むこともできるように、EN81規格に認証されています。同様にEN81規格に認証されているオーケストラ用エレベーターは、リハーサルホールから音楽ホールまで、楽器と演奏家を運搬することが可能です。

リジッド・チェーン・テクノロジーは走行、速度、あるいはサイズの制約に適応し、極めて幅広い需要に応えます。

クライアント:Waagner Biro
コンサルタント:Theater Plan
建築家:ヘニング・ラーセン

関連製品とソリューション

LinkLift 超重量積荷の上昇 続きを見る
Silent Chain Theater SCT 続きを見る
Vertical LinearBeam 油圧式システムに代わる頑丈で信頼性の高いソリューション 続きを見る
質問?弊社へお問い合わせください